PR

ニュース 政治

【国民民主党代表選】地方遊説開始 津村、玉木両候補が静岡で党アピール

JR静岡駅前で街頭演説に立つ(左から)津村啓介氏と玉木雄一郎氏=23日
Messenger

 国民民主党は23日、代表選に立候補した津村啓介元内閣府政務官と玉木雄一郎共同代表による地方遊説を静岡市からスタートさせた。今後、全国の政令指定都市を中心に2人そろって街頭演説や討論会を行い、論戦を通じて党の取り組みをアピールする方針だ。

 津村氏は23日昼、JR静岡駅前の街頭演説で「来年の参院選で安倍晋三首相を打倒するために全力を注ぐ」と述べた。玉木氏は「代表選は安倍政権へのチャレンジャーを選ぶ選挙。必ず政権を取るのが党の歴史的な責任だ」と訴えた。

 午前には両氏の討論会を東京都内の党本部で開いた。玉木氏は年金制度改革をめぐり、生活に必要な一定額を全ての高齢者に支給する制度の創設を主張し、津村氏は支給開始年齢を引き上げる必要性を訴えた。

 遊説は9月2日まで札幌や名古屋、福岡などで実施する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ