PR

ニュース 政治

【沖縄県知事選】玉城デニー氏、26日に出馬表明 自公維推薦の佐喜真氏と一騎打ちへ 

Messenger

 調整会議は、玉城氏に保守・中道層の取り込みを期待するほか、沖縄第2の都市・沖縄市を地盤とすることから、翁長氏の地盤の那覇市と合わせて大票田で有利な戦いを進められるとの計算も働く。ただ、前回知事選で翁長氏を支援した県内観光大手「かりゆし」グループはオール沖縄から離脱し、自主投票を決めている。

 一方、自民党県連は23日、日本維新の会に佐喜真氏の推薦を求めた。維新の下地幹郎国会議員団政調会長は前回知事選に出馬し、約7万票を獲得している。前回自主投票だった公明党も推薦を決めており、佐喜真氏陣営は「自民、公明、下地」(政府高官)の態勢で勝利を目指す。

 玉城氏陣営は翁長氏の「弔い合戦」を前面に出して戦う方針だ。自民党県連幹部は「どれだけ翁長票が入るか分からない」と警戒を示す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ