PR

ニュース 政治

【自民党総裁選】石破茂元幹事長、首相の改憲日程批判 自衛隊明記「緊要性ない」

憲法をテーマに記者会見する自民党の石破茂元幹事長=17日午後、国会
Messenger

 9月の自民党総裁選への出馬を正式に表明している石破茂元幹事長は17日、憲法改正をテーマに国会内で記者会見し、安倍晋三首相(総裁)が現行9条を維持したまま自衛隊を明記する憲法改正案を秋の臨時国会に提出する意向を示したことに対し「緊要性があると考えていない」と述べ、改めて首相を批判した。総裁選で憲法改正のあり方も争点にする考えだ。

 石破氏は、3月の党大会で、自衛隊を明記することを含む「改憲4項目」の条文素案が了承されたことについて「総務会で決定したものが党議決定であり、今の案はたたき台だ」と強調した。「党大会に間に合わせるべく作られたもので、一度も国民の審判を経ていない」とも訴えた。

 その上で「9条は国民の理解を得て世に問うべきだ。理解なき改正をスケジュールありきで行うべきでない」と述べ、参院選の「合区」解消と、大規模災害などに備える緊急事態条項の創設を急ぐよう重ねて求めた。特に合区の解消は、次々回の参院選が行われる平成34年までに行うべきだとの認識を示した。

 一方で9条改正に関しては「戦争の惨禍を経験した人が残るうちに行うべきだ」とも主張。9条2項を削除して集団的自衛権行使の範囲を法律で縛るとする自身の主張に公明党が難色を示していることに対しては「誠心誠意、ご理解いただく努力をすることに尽きる」と述べるにとどめた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ