PR

ニュース 政治

新政府専用機、北海道・千歳市の航空自衛隊千歳基地に到着

新千歳空港に到着した、新政府専用機のボーイング777-300ER =17日午前、新千歳空港 (大山文兄撮影)
Messenger

 首相や皇室の海外訪問などに使用する新しい政府専用機が17日朝、運用拠点となる航空自衛隊千歳基地(北海道千歳市)に到着した。新専用機はボーイング777-300ERで、運用試験や乗務員の訓練などを行う。

 現行機はジャンボ機の愛称で知られるボーイング747で平成5年に運行、今年度に引退の予定になっている。政府は故障など不測の事態に備え、予備機を含む2機を導入予定。うち1機が機体の調整や内装作業などを終え、スイス・バーゼルから16日、飛び立った。

 17日午前7時50分ごろ、主翼と尾翼に日の丸が描かれ、側面には赤い曲線があしらわれている新専用機は、新千歳空港の滑走路に着陸。自走で航空自衛隊千歳基地の格納庫に向かった。

 残り1機は12月に配備される予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ