PR

ニュース 政治

【長州「正論」懇話会設立5周年記念】安倍首相講演詳報(1)「『安倍1強』と言われているが、私は極めて宥和的な人間」

長州「正論」懇話会 設立5周年記念講演会で講演する安倍晋三内閣総理大臣。中盤からは眼鏡をかけて講演した=12日午後、山口県下関市(奥清博撮影)
Messenger

前のニュース

 安倍晋三首相(自民党総裁)は12日、地元・山口県下関市内で開かれた長州「正論」懇話会の設立5周年記念講演会で講演し、9条に自衛隊を明記するなどの憲法改正に関して、秋に予定される臨時国会に自民党案の提出を目指す意向を初めて表明した。講演の詳報は次の通り。

 「長州といえば先日、(NHKの)大河ドラマ『西郷どん』で禁門の変と長州出兵が取り上げられていました。あの頃が長州にとっては一番厳しい時代だったわけですが、あれは明治維新のわずか4年前の出来事なんです。逆を言えば、長州の人々はあのどん底から、たった4年で大逆転を果たし、維新の大業を成し遂げた。いわんや、5年もあれば、長州人にとっては何かを成し遂げるのに十分な時間だと思います。その意味で、5周年を迎えられたこの長州『正論』懇話会は全国13の懇話会のうち、11番目にできた比較的歴史の若い方ですが、もはや正論路線全体の一翼を担う、隆々たる懇話会へと発展している、そう確信しています。もっとも『正論』懇話会のもう1つの裏の目的である、産経新聞の売り上げアップにどれだけ貢献しているかどうかは定かではありませんが」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ