PR

ニュース 政治

【国民民主党代表選】津村啓介氏が正式出馬表明 玉木雄一郎共同代表と一騎打ちの公算

記者会見に臨む国民民主党の津村啓介元内閣府政務官=13日、東京・永田町の党本部
Messenger

 国民民主党の津村啓介元内閣府政務官(46)は13日、党本部で記者会見を開き、党代表選(22日告示-9月4日投開票)への立候補を正式に表明した。代表選は、すでに出馬表明している玉木雄一郎共同代表(49)との一騎打ちになる公算が大きい。

 津村氏は会見で「支持率の低迷は、野党共闘への姿勢が二転三転し独自の政策発信が著しく滞ったことが主因だ」と述べ、玉木氏ら執行部を重ねて批判した。

 来年夏の参院選に向け、立憲民主党などとの合同選挙対策本部を置く構想を掲げ、野党勢力が改選過半数を獲得できなければ「代表を辞任する」と宣言した。

 国民民主党結成に参加せず無所属となった岡田克也元副総理らの衆院会派「無所属の会」との連携にも触れ、合同の国会対策協議機関の設置に意欲を示した。

 代表選は、大塚耕平共同代表ら現執行部を中心に支持を集める玉木氏が優位に立ちそうな情勢だ。津村氏は階(しな)猛政調会長代行や牧義夫元厚生労働副大臣らの支援を受ける。独自候補の擁立を模索する今井雅人国対委員長代理は、出馬に必要な国会議員推薦人10人の確保のめどが立っていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ