産経ニュース

沖縄知事選9月30日投開票 宜野湾市長選とダブル選へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


沖縄知事選9月30日投開票 宜野湾市長選とダブル選へ

米軍普天間飛行場の移設工事が続く沖縄県名護市辺野古の沿岸部=6日(小型無人機から) 米軍普天間飛行場の移設工事が続く沖縄県名護市辺野古の沿岸部=6日(小型無人機から)

 沖縄県選挙管理委員会は13日、翁長雄志(おなが・たけし)知事の死去に伴う知事選を9月13日告示、30日投開票とする日程を決めた。自民党は宜野湾(ぎのわん)市の佐喜真淳(さきま・あつし)市長の知事選擁立を決めており、佐喜真氏は12日の記者会見で、自身の辞職に伴う宜野湾市長選について「知事選と同時になる」と述べた。

 県選管は12月の任期満了に伴う知事選を11月1日告示、18日投開票と決めていた。しかし、翁長氏が今月8日に膵(すい)がんのため死去したことを受け、13日に臨時会議を開き知事選の日程を改めた。

 自民党総裁選は9月7日告示、20日投開票の予定で、総裁選と知事選の日程が重なることになる。このため、自民党本部の知事選に向けた取り組みに影響が出る可能性がある。

 知事選をめぐっては、翁長氏を支えた共産党、社民党、労組などでつくる「オール沖縄」が候補の絞り込み進めており、13日にも関係者が協議した。翁長派の県議会会派は「翁長氏の遺志を受け継ぐ候補」を擁立する方針を確認しており、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する候補を選考する見通しだ。

 一方、佐喜真氏は13日の記者会見で、翁長氏が政府と対立し、対話の機会が減ったことについて「危険性除去や基地負担軽減を協議することが重要だ。残念だ」と語った。宜野湾市長選に関しては、佐喜真氏の後継候補として、松川正則副市長が12日、出馬する意向を表明した。

「ニュース」のランキング