産経ニュース

日中両首脳が祝電交換 安倍首相は年内訪中に意欲 平和友好条約40年 

ニュース 政治

記事詳細

更新


日中両首脳が祝電交換 安倍首相は年内訪中に意欲 平和友好条約40年 

初来日した中国の李克強首相(左)と握手する安倍晋三首相=5月9日、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影) 初来日した中国の李克強首相(左)と握手する安倍晋三首相=5月9日、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)

 安倍晋三首相と中国の李克強首相は、日中平和友好条約署名40周年に当たる12日、祝電を交わした。安倍首相は「年内に貴国を訪問し、日中関係を新たな段階に押し上げていくために有益な意見交換ができることを楽しみにしている」とし、年内の訪中に重ねて意欲を示した。李氏も「北京で早期にお会いすることを楽しみにしている」と歓迎の意を示した。両首脳は5月に東京で会談した際、安倍首相の年内訪中で合意していた。

 安倍首相は祝電で「日中両国は地域や世界の平和と繁栄に責任を共有している。引き続き日中両国が手を携えて協力を深め、国際社会が直面する諸課題の解決に貢献し、期待に応えていきたい」と指摘。李氏は「中日関係の長期的で健全かつ安定した発展を推進していく」と表明した。河野太郎外相と中国の王毅外相も同日、祝電を交換した。

「ニュース」のランキング