産経ニュース

【自民党総裁選】安倍晋三首相「志支える気力、体力…長州出身政治家として正しい判断する」 挨拶詳報

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党総裁選】
安倍晋三首相「志支える気力、体力…長州出身政治家として正しい判断する」 挨拶詳報

山口県入りし、自民党山口県連「安倍晋三内閣総理大臣を囲む会」終了後、昭恵夫人と共に出席者を握手で見送る安倍首相=11日午後、山口県山口市(奥清博撮影) 山口県入りし、自民党山口県連「安倍晋三内閣総理大臣を囲む会」終了後、昭恵夫人と共に出席者を握手で見送る安倍首相=11日午後、山口県山口市(奥清博撮影)

 では、格差の問題はどうか。安倍政権は一貫して最低賃金を上げてまいりました。この最低賃金制度がいつできたか。これは岸信介内閣であります。岸信介内閣というと安保条約しかやっていないようでありますが、これ国民皆年金制度、そして最低賃金をつくったのは岸内閣です。

 安倍政権においては、初年度に15円あげて、次が16円上がった。そして、17円と思わせつつ、18円。そして25円と上がって、とうとう今度は26円上がりました。これは1991年、あのバブル以来の最高値となっています。この山口県におきましてもこの6年間で112円あがっています。平均すると18円強上がっています。民主党政権時代どうだったか。民主党政権時代の3年間、平均は山口県においては7円、7円しか上がっていない。それが平均6年間で18円上がることができた。そしてパートで頑張っている皆さんの時給は過去最高になっています。

 つまり、大都市だけではなくて、地方にも大きなチャンスが出てきているのは間違いないだろう。まだまだ不十分だと私も思っています。しっかりと、さらに力をいれていきたいとこう思っています。

 それと、格差の問題であります。例えば、生活保護世帯の子供たちの進学はどうなっているか。生活保護世帯のお子さんたちの高校への進学率は、ずっと80%でしたが、今般90%まで上がりました。また、一人親世帯のお子さんの大学の進学率は24%だったんですが、安倍政権になって42%まで上がりました。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相「志支える気力、体力…長州出身政治家として正しい判断する」 挨拶詳報
  • 安倍晋三首相「志支える気力、体力…長州出身政治家として正しい判断する」 挨拶詳報

「ニュース」のランキング