産経ニュース

【自民党総裁選】安倍晋三首相「志支える気力、体力…長州出身政治家として正しい判断する」 挨拶詳報

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党総裁選】
安倍晋三首相「志支える気力、体力…長州出身政治家として正しい判断する」 挨拶詳報

山口県入りし、自民党山口県連「安倍晋三内閣総理大臣を囲む会」終了後、昭恵夫人と共に出席者を握手で見送る安倍首相=11日午後、山口県山口市(奥清博撮影) 山口県入りし、自民党山口県連「安倍晋三内閣総理大臣を囲む会」終了後、昭恵夫人と共に出席者を握手で見送る安倍首相=11日午後、山口県山口市(奥清博撮影)

 そして、外国人人材については、いわゆる移民政策はとりませんが、外国人人材をしっかりと増やしていく。今まで技能実習という名目だけでありましたが、技能実習に加えて、就業を正々堂々とちゃんと加えました。必要な分野には外国人人材に頑張ってもらいたいと思います。そのために、しっかりとした制度を作っていきたいと思っております。

 自民党は、立党以来、さまざまな困難な政策に挑んでまいりました。安倍政権でもこの6年間、さまざまな政策に取り組んでまいりました。その中には困難な政策もありました。しかし、それは国民のために必要だとの結論に至れば、みんなで結論に至れば、たじろくことなく、先輩たちがそうであったように、黙々と実行してきたところです。特定秘密保護法、あるいは平和安全法、そしてテロ等準備罪。反対にもあいましたが、こうした法整備ができた結果、国民を守るために必要な情報ははるかに入るようになりました。そしてお互いに助け合うことのできる同盟はその絆を強くしました。これからもしっかりとやるべきことを進めていく、それが自民党の誇りではないか。こう思っています。

 そして、いよいよ私たちは憲法改正に取り組むべき時を迎えたと思っております。今年3月、私は内閣総理大臣として防衛大学校の卒業式に出席しました。卒業したばかり、任官したばかりの新しい制服に身をつつんだ、初々しい自衛官たちから私は服務宣誓を受けます。時に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂につとめ、もって国民の負託に応える。この重い宣誓を私は最高指揮官として受けます。つまり彼らは国民を守るために命を懸けることを誓うわけであります。

続きを読む

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相「志支える気力、体力…長州出身政治家として正しい判断する」 挨拶詳報
  • 安倍晋三首相「志支える気力、体力…長州出身政治家として正しい判断する」 挨拶詳報

「ニュース」のランキング