産経ニュース

【主張】翁長氏の死去 改めて協調への道を探れ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【主張】
翁長氏の死去 改めて協調への道を探れ

 政府側は一時、移設先である名護市辺野古周辺の地区に対し、自治体を通さずに補助金を直接出す措置をとった。米軍再編交付金を自治体が受け取らないため、やむを得なかった面もあろうが、意思疎通に欠けるやり方だった。

 県は9日、今度は承認を撤回する方針に基づき、防衛省沖縄防衛局からの聴聞を行った。翁長氏の遺志を尊重した格好だが、この時期にあえて対立を重ねるのは問題である。一方、防衛局側も近く辺野古沖に土砂を投入する作業を予定している。混乱が拡大しないよう、配慮を求めたい。

 移設問題は、旧民主党への政権交代のときに沖縄側の不信感を高めた経緯がある。

 それでも、住宅地に近接する普天間飛行場の移設が、危険性除去のための現実的な選択肢である点は変わらない。

 これについて、公明党の山口那津男代表は死去を悼むコメントの中で「翁長知事も異は唱えられないと思っています」と語ったが、それには協調関係の構築を避けて通れまい。政府、沖縄双方の責務といえよう。

「ニュース」のランキング