産経ニュース

【単刀直言】西村康稔官房副長官「安倍首相の存在は日本の強み」「憲法改正、公明・維新と協議を」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【単刀直言】
西村康稔官房副長官「安倍首相の存在は日本の強み」「憲法改正、公明・維新と協議を」

西村康稔官房副長官=首相官邸(春名中撮影) 西村康稔官房副長官=首相官邸(春名中撮影)

 トランプ米大統領との関係は象徴的です。北朝鮮対応について矢継ぎ早に質問してくるトランプ氏に対し、首相は丁寧に説明しています。首相は圧力をかけ続ければ、北朝鮮の方から対話を求めてくると言ってきましたが、2月の平昌五輪以降、実際に北朝鮮が対話に傾くと、トランプ氏は「シンゾーの言う通りになったな」と言っていました。

 北朝鮮をめぐっては、核、ミサイルに加え、日本にとっては何よりも拉致問題があります。拉致問題を解決できるのは首相しかいない。首相も拉致問題は安倍政権の間に必ず解決するという強い決意を持って、あらゆるチャンスを逃さず取り組む意向です。私もそれを支えたい。拉致被害者の有本恵子さんは私の地元、兵庫県出身ですし、ぜひ解決したい。

 貿易問題では、トランプ氏は手ごわい交渉相手ですが、ここでも首相とトランプ氏の関係がカギになります。

 6月、カナダで開かれた先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)の首脳宣言には「保護主義と闘う」という文言が盛り込まれました。首脳宣言の文言を詰める際には、米国と他の5カ国が対立しましたが、トランプ氏は何度も首相に意見を求め、「シンゾーの言うことに従う」と言って、合意できました。内閣府副大臣時代に環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉に携わった身として、貿易問題でも首相を支えていきたい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 西村康稔官房副長官「安倍首相の存在は日本の強み」「憲法改正、公明・維新と協議を」
  • 西村康稔官房副長官「安倍首相の存在は日本の強み」「憲法改正、公明・維新と協議を」
  • 西村康稔官房副長官「安倍首相の存在は日本の強み」「憲法改正、公明・維新と協議を」

「ニュース」のランキング