産経ニュース

【単刀直言】西村康稔官房副長官「安倍首相の存在は日本の強み」「憲法改正、公明・維新と協議を」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【単刀直言】
西村康稔官房副長官「安倍首相の存在は日本の強み」「憲法改正、公明・維新と協議を」

西村康稔官房副長官=首相官邸(春名中撮影) 西村康稔官房副長官=首相官邸(春名中撮影)

 昨年8月に官房副長官に就任しました。就任にあたり、安倍晋三首相には「私は小泉(純一郎元首相)さんに官房副長官をさせてもらい、非常によい経験になった。西村君にとっても、よい経験になる。しっかり支えてほしい」と声をかけられました。

 9月には自民党総裁選が行われます。首相は西日本豪雨の被災地対応に全力を挙げているところですが、総裁選への対応はしかるべき時期に判断されると思います。

 私は、首相に引き続き政権を担っていただきたいと思っています。副長官としてこの1年間、首相の外国訪問に6回同行し、日米首脳会談は電話を合わせて21回、日韓首脳会談も同様に12回同席しました。

 首相のすごいところは、世界のどの首脳とも率直に腹を割って話ができることです。外国首脳やその国に関する細かいエピソードをよく覚えていて、当意即妙のやりとりをして関係を築いています。首相は世界のリーダーとして、各国首脳から信頼され、頼りにされているのです。北朝鮮問題や貿易問題など、世界が混迷を深めているだけに、日本にとって首相の存在は強みです。

続きを読む

このニュースの写真

  • 西村康稔官房副長官「安倍首相の存在は日本の強み」「憲法改正、公明・維新と協議を」
  • 西村康稔官房副長官「安倍首相の存在は日本の強み」「憲法改正、公明・維新と協議を」
  • 西村康稔官房副長官「安倍首相の存在は日本の強み」「憲法改正、公明・維新と協議を」

「ニュース」のランキング