PR

ニュース 政治

翁長雄志氏後継「遺志継げる人」 県議会与党会派代表者会議

翁長雄志知事の死去から一夜明け、半旗が掲げられた沖縄県庁舎=9日午前
Messenger

 8日死去した沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事を支持してきた県議会与党会派の代表者会議が9日開かれた。9月に実施される知事選で擁立する翁長氏の後継候補として、宜野湾(ぎのわん)市の米軍普天間飛行場を名護市辺野古に移設する計画に反対するなど「翁長氏の遺志を継げる人」が望ましいとの認識で一致した。

 会合に参加したのは、県議会の社民・社大・結連合、おきなわ、共産の3会派代表者。具体的な選考に関しては県議会与党会派と労組、企業などでつくる「調整会議」で進めることも確認した。

 ただ、調整会議はこれまで「翁長氏の後継は翁長氏しかいない」として翁長氏擁立を目指す方針を決定していた。社民党の照屋大河県議は記者団に「労組や政党はまとまれるが、そうじゃないところもある。丁寧かつ迅速に進めていきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ