PR

ニュース 政治

【自民党総裁選】竹下派「首相支持」優勢 一本化ならず…衆院7割超

Messenger

 9月の自民党総裁選をめぐり、対応が注目された自民党竹下派(平成研究会、55人)は「分裂投票」となる。竹下派会長の竹下亘総務会長は派閥として統一行動をとることを目指したが、石破茂元幹事長支持で固まる参院側(21人)に対し、衆院側(34人)は安倍晋三首相の連続3選を支持する勢力が7割を超えるため、一本化は困難と判断した。分裂選挙となるが、竹下派全体では首相支持がやや優勢となっている。

 竹下氏は2日と7日に派内の全衆院議員を対象に意見聴取を実施した。意見を述べた29人のうち23人が首相を支持または評価した。4人は「竹下会長に一任」するなど、事実上の石破氏支持とされる。2人は態度を明確にしなかった。

 衆院竹下派全体では、9人は派閥の方針にかかわらず首相を推すのが確実な状況だ。同派会長代行の茂木敏充経済再生担当相、加藤勝信厚生労働相、山口泰明同派事務総長、新藤義孝元総務相ら第2次安倍政権発足以降、要職を歴任した議員が含まれる。

 山口氏は6月、自身の政治資金パーティーで、早々に首相支持を明言。木原稔財務副大臣は竹下氏の意見聴取で「トランプ米大統領と対等に話ができる首相を代えて『初めまして』からやるのか」と主張した。このほかにも17人が首相を支持か評価する姿勢を示している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ