PR

ニュース 政治

20年春再開へ「双葉駅」起工式 常磐線開通で帰還後押し

 再整備されるJR常磐線双葉駅のイメージ(JR東日本水戸支社提供)
Messenger

 JR東日本は6日、東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県双葉町で、再整備する常磐線双葉駅の起工式を開いた。2020年3月末の常磐線全線開通に合わせて完成し、住民の帰還やにぎわいの再生を後押しする。

 双葉駅は帰還困難区域内にあり、現在休止中。工事では地上にあった駅舎を橋上化し、駅の西側につくる新市街地と東側の従来の市街地を結ぶ自由通路を設ける。

 常磐線の復旧は徐々に進み、現在不通なのは福島県内の富岡-浪江間。

 双葉町は第1原発が立地。20年3月末までに双葉駅周辺などの避難指示を先行して解除し、22年春ごろまでに住民の居住再開を目指している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ