PR

ニュース 政治

沖縄副知事、振興予算要求3600億円規模を要請

沖縄県の謝花喜一郎副知事(代表撮影)
Messenger

 沖縄県の謝花(じゃはな)喜一郎副知事は2日、首相官邸で菅義偉官房長官と面会し、平成31年度の沖縄振興予算の概算要求を3600億円規模とすることなどを要請した。4月に膵(すい)がん切除手術を受けた翁長雄志(おなが・たけし)知事は治療のために出張できず、代わりに謝花氏が上京した。

 30年度の沖縄振興予算は3010億円で、2年連続で減少した。

 謝花氏は酒税の延長など税制改正や鉄軌道導入も求め、菅氏はうなずきながら説明を聞いていたという。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐって国と県は対立し、翁長氏は移設をめぐる埋め立て承認の撤回を表明した。ただ、謝花氏は面会では承認の撤回や11月の県知事選は話題にならなかったと説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ