PR

ニュース 政治

自民・二階俊博幹事長、LGBT疑義の杉田水脈議員に「この程度の発言があったからといって…」

自民党の二階俊博幹事長(斎藤良雄撮影)
Messenger

 【ソウル=大島悠亮】自民党の二階俊博幹事長は2日、LGBT(性的少数者)をめぐる月刊誌への寄稿が「配慮を欠いた」として、党が杉田水脈衆院議員を指導したことについて「こういうことは大げさに騒がない方がいい。この程度の発言があったからといって、帰国してからどうだっていう話ではない」と述べた。訪問先のソウルで記者団に語った。

 二階氏は党の指導について「まだ内容は何も聞いていない」と述べるにとどめた。今後の対応は「帰国して私が党本部に出向いて、何かしようというような話でもない」とした上で「発言者そのものも、そういった影響力がある方かどうか、もっと静かに考えてみる必要がある」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ