PR

ニュース 政治

財務次官に岡本薫明氏 国税庁長官に藤井健志氏 不祥事再発防止へ新会議

 岡本薫明主計局長
Messenger

 財務省は27日、女性記者へのセクハラ問題で辞任した福田淳一前財務次官の後任に岡本薫明主計局長(57)を昇格させる人事を発表した。発令は同日付。森友学園をめぐる決裁文書の改竄問題で辞任した佐川宣寿前国税庁長官の後任には藤井健志国税庁次長(55)を充てる。不祥事が相次いだことを受け、同省は再発防止に向けた「コンプライアンス推進会議」を次官の下に設ける。

 岡本氏の後任の主計局長には、太田充理財局長(58)を起用する。人事は同日午前の閣議で了承した。次官級トップ2人が不在という異例の事態は、3カ月以上を経て解消される。

 岡本氏は昭和58年、旧大蔵省入省。予算編成を取り仕切る主計局畑が長く、早くから次官候補の「本命」と見なされてきた。ただ、岡本氏は森友文書の改竄が行われていた当時、文書管理や国会対応の責任者である官房長で、今年6月には管理責任を問われて厳重注意処分を受けており、昇格には批判も出そうだ。

 国税庁長官に就く藤井氏は佐川氏の辞任以降、長官の職務を代行。本省の局長級ポストを経験しておらず異例の起用となる。主計局長に就く太田氏は国有財産を所管する理財局長として改竄問題への国会対応などを担った。

 次官級ポストで国際部門を統括する浅川雅嗣財務官(60)は留任し、任期は異例の4年目に入る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ