PR

ニュース 政治

新潟市長選に飯野晋氏が出馬表明 元経産官僚「経験を全てささげる」

新潟市長選に出馬表明する飯野晋氏=26日、新潟空港(池田証志撮影)
Messenger

 10月14日告示、28日投開票の新潟市長選で、元北区長の飯野晋氏(44)が26日、新潟市東区の新潟空港で記者会見を開き、無所属で立候補すると表明した。篠田昭市長(70)は既に不出馬を表明。ほかに新人3人が立候補を表明しており、新人同士の混戦となる見通しだ。

 飯野氏は「4年間の北区長の経験と16年間の経済産業省での経験全て新潟にささげたいと思い、出馬を決意した」と立候補への思いを語った。「東京一極集中の打破」を掲げ、「東京へのヒト、モノ、カネの流れを新潟への流れに変えたい」とした。

 飯野氏は経産省経済産業政策局立地環境整備課長補佐などを歴任。平成26年4月、公募の同区長に就任し、今年3月に退任した。

 市長選には、自民党の元参院議員、中原八一氏(59)と同党の元市議、吉田孝志氏(56)、旧民進党系会派の市議、小柳聡氏(31)が出馬を表明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ