PR

ニュース 政治

【動画】足利市が初のプロモーション動画 花火大会、よろい武者行列などの風景ジャズにのせ 栃木

足利市が初めて制作したプロモーション動画「ありのままの足利を。」
Messenger

 栃木県足利市が、初めてのプロモーション動画「ありのままの足利を。」を制作した。地元出身の映像プロデューサー、小佐野保さんとジャズピアニストの板橋文夫さんが手掛け、小型無人機(ドローン)などを駆使して足利の魅力を発信している。

 動画は四季編(4分15秒)、春夏編(2分8秒)、秋冬編(2分20秒)。桜や紅葉など四季の移ろいの中で、足利学校、鑁阿寺(ばんなじ)、あしかがフラワーパークなどの観光スポット、足利花火大会、ペタンコ祭り、よろい武者行列など代表的な年中行事を上空からのドローン撮影を交え紹介している。

 小佐野さんは、市が「映像のまち」推進のために組織する足利銀幕会議の一員。今回の動画は小佐野さんが社長を務め、ソフトバンクの人気CM「白戸家シリーズ」などを手掛ける映像制作会社「ギークピクチュアズ」(本社・東京都渋谷区)が制作。背景に流れる音楽には板橋さん作曲の「足利オン・マイ・マインド」「渡良瀬」が使用され、板橋さん自身がピアノ演奏している。

 動画は市公式HP(ホームページ)などで視聴できる。イベントなどで使用する場合はDVDを無料貸し出しする。問い合わせは市広報課(電)0284・20・2261。(川岸等)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ