PR

ニュース 政治

【自民党総裁選】党員票獲得目指し安倍首相と石破元幹事長が奔走

新建材を使用した防災施設を視察する自民党の石破茂元幹事長=24日午後、群馬県下仁田町(住谷早紀撮影)
Messenger

 自民党の岸田文雄政調会長が24日、9月の党総裁選への不出馬を表明したことで国会議員票の大勢が固まり、焦点は党員票の行方に移る。安倍晋三首相はこの日、東京都議らの会合に出席して憲法改正への意欲を語り、石破茂元幹事長は群馬県下仁田町に足を運んで浸透を図った。

 「この先ずっと首相を続けるつもりはないが、憲法改正は何としてもやり遂げたい。改憲には政権への信頼がなければならない」

 安倍首相は、都内のホテルで開かれた都議らの会合でこう強調した。総裁選への対応は「今は西日本豪雨災害の被災地の復旧に全力を尽くしたい」と述べるにとどめたが、約20人の出席者には改憲発言が事実上の出馬表明とする受け止めが広がった。

 その後、公邸で熊本県議8人とカレーライスを食べながら意見交換。午後には党本部に集まった東京都と神奈川県の地方議員約30人と懇談し、決選投票で石破氏を逆転した平成24年の総裁選を振り返り「地方議員の方々が草の根的に動いてくれた」と謝意を述べた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ