PR

ニュース 政治

【単刀直言】菅義偉官房長官「私は派閥は作らない!」「安倍首相の強みは決断力」「ダメなもの変えるのが政治家の面白さ」

 外交・安全保障も同様です。首相は28年11月にはトランプ米大統領の就任前に訪米し、トランプ氏と面会しました。外務省にも慎重論がある中での首相の判断でした。結果、日米の信頼関係を構築できた。

 私は日米首脳電話会談にはずっと同席していますが、首相は「北朝鮮を変えるのは圧力なんだ」と説明してきました。昨年の衆院選でも、私たちは首相を先頭に「圧力をかけて政策を変えさせる」と言い続け、結果的に金正恩朝鮮労働党委員長が、北朝鮮の体制を保証してくれれば非核化を実現すると言い始めた。5月の連休明け以降には北は判断を迫られるだろうと思っていたけど、実際はそれよりも早かった。首相がトランプ氏に働きかけてきたことは、非常に大きな効果があった。

 拉致問題は政権にとって最重要課題です。状況が大きく変わる可能性がある。どんな小さな機会も逃さずに解決したいという強い思いでやっています。

 西日本豪雨ですが、行方不明の方もまだいらっしゃる。政府が復旧・復興、救助活動に全力で取り組んでいくことが大事です。河川についてはもう一度点検をしっかりとし、改修が必要になってくる。今回大きな被害を受けた広島県では、4年前の災害の教訓から工事していた所は全部大丈夫だった。やればそれなりに効果は出る。今後は、今までやっていないことが必要になってくるでしょうね。

 政治主導とは、首相主導で物事を進めることです。そこが原点ですよ。

 9月の自民党総裁選は、やりたい人が出て切(せっ)磋(さ)琢(たく)磨(ま)すればよいと思います。首相は3選出馬を表明していませんが、首相には、ようやくここまで持ってきたことを引き続きやってほしいという思いはすごく強い。経済はもはやデフレではない状況まで築き上げることができた。経済を成長軌道に乗せることが大事です。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ