PR

ニュース 政治

北方領土、空路墓参に出発 元島民ら、昨年に続き

 チャーター機に乗り込む北方領土の元島民ら=22日午前、北海道・中標津空港
Messenger

 北方領土の元島民らが22日、墓参のため北海道・中標津空港から空路で国後、択捉両島へ出発した。昨年9月に続き2回目の空路墓参で、元島民と家族、政府関係者ら計約70人が参加。現地の墓地で慰霊式を行う。

 従来は船で移動しており、高齢化が進む元島民の負担を軽減するため昨年4月の日ロ首脳会談で空路墓参に合意した。日本側は、交流を活性化して領土問題解決の糸口とする考えだ。

 昨年9月の空路墓参は日帰りの予定だったが、帰路の悪天候で宿泊を余儀なくされた。今回は1泊2日の日程とし、23日に中標津空港へ戻る。

 21日に中標津町内で墓参団の結団式が行われ、択捉島出身の岩崎忠明団長(84)=札幌市=は「ふるさとに眠る多くのみ霊の慰霊ができることは、この上ない喜びだ。期待に沿う天候になってほしい」と話した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ