産経ニュース

長野県知事選19日告示 阿部守一知事は被災地で第一声、金井忠一氏は東信中心に街頭演説

ニュース 政治

記事詳細

更新


長野県知事選19日告示 阿部守一知事は被災地で第一声、金井忠一氏は東信中心に街頭演説

19日の長野知事選告示に向け、投票参加を呼びかける懸垂幕を掲げる県選管の職員=18日、長野県庁(太田浩信撮影) 19日の長野知事選告示に向け、投票参加を呼びかける懸垂幕を掲げる県選管の職員=18日、長野県庁(太田浩信撮影)

 任期満了に伴う長野県知事選は19日、告示される。立候補を表明しているのは、いずれも無所属で、現職で3選を目指す阿部守一知事(57)=自民、立憲民主、国民民主、公明、社民推薦=と、新人で元上田市議の金井忠一氏(68)=共産推薦=の2氏。両陣営はともに長野市内で出陣式を行った後、それぞれ第一声をあげる。8月5日の投開票に向け、17日間の選挙戦が始まる。(太田浩信、久保まりな)

 阿部氏は、午前7時半から長野駅前のホテルで出陣式に臨んだ後、JR飯山線の森宮野原駅前で第一声をあげる。平成23年3月に発生した最大震度6強の県北部地震で被災した栄村に位置し、陣営幹部は「復興に向けた思いの表れ」と話す。

 その後、同県野沢温泉村や飯山、中野両市などを選挙カーで回り、午後には松本駅のお城口前で街頭遊説。最後は、飯田市の飯田商工会館前で有権者に支持を訴える。

 阿部氏は、旧自治省から県企画局長として赴任した13年当時、市町村数が119存在していたことを踏まえ、選挙期間中、旧市町村単位で遊説する考えだ。

 陣営は、26年の前回選挙で獲得した約62万票を上回る得票を目指している。

 金井氏は、午前9時から長野駅前で出陣式と第一声を行う。その後、中野、佐久、小諸3市など東信地方を中心に街頭演説をこなす予定だ。夜には、出身地の上田市で開かれる事務所開きに臨む。

続きを読む

「ニュース」のランキング