PR

ニュース 政治

【単刀直言】鈴木俊一五輪相「宏池会が一つになる局面もある」 自民内に2つの流れ、疑似政権交代を

× × ×

 自民党の長い歴史には、2つの大きな流れがあると思います。戦前の価値観の良きところを大切にして戦後の日本を再建していこうという流れで岸信介らから脈々ときているのが孫の安倍総理。一方、麻生会長のおじいさんの吉田茂は新生日本を作るんだと。戦前の価値観と一線を画して軽武装、経済重視でやっていくという流れ。そういう中で麻生さんの下、昨年志公会ができました。

 政権交代が現実としてすぐには起こらない今の政治状況で、自民党の中で2つの流れが交互に責任をもってやっていくと。いわば疑似政権交代ですかね。それが麻生会長の考え方です。

 今となっては宏池会が組織としてきれいに一体化することは難しいと思います。けれども、もともとは一緒だったわけですから、1つの流れとして力を合わせ日本の政治を背負っていく。今後そういう局面もあると思うんですね。(今仲信博、酒井充)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ