PR

ニュース 政治

カジノ優先「不信任に値する」 立憲民主・枝野幸男代表「豪雨災害に専念すべき」

立憲民主党の枝野幸男代表
Messenger

 立憲民主党の枝野幸男代表は15日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案や参院定数を6増する公職選挙法改正案の成立を目指す安倍晋三政権を批判した。「本来ならば西日本豪雨災害に専念すべきだが、カジノなどを優先している。これ自体、十分に内閣不信任決議案に値する。他の野党に提出に賛同いただける状況の中で進めたい」と島根県江津市で記者団に語った。

 IR実施法案を所管する石井啓一国土交通相に対する問責決議案の参院提出に関しては「国対を中心に判断を任せている」と説明した。

 国民民主党の玉木雄一郎共同代表も、政府は豪雨対応に全力を挙げるべきだと仙台市で記者団に強調。不信任案提出について「来週、最終的な判断をせざるを得ない。他の野党とよく連携していきたい」と述べた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ