産経ニュース

【小池知事定例会見録】西日本豪雨被災地を支援 「こういったときにこそ液体ミルクが活躍する」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
西日本豪雨被災地を支援 「こういったときにこそ液体ミルクが活躍する」

定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=13日、都庁 定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=13日、都庁

 「今回の2020大会、サステイナブル、持続可能なIOC大会と、五輪・パラリンピック大会という大きな目標の中で、しっかりと東京大会もそれに資する大会にしていきたいと考えております。大会を契機に、ゼロエミッションであるとか、水素に係る施策というのをさらに進める良いきっかけにもなるわけで、昨日も水素に関しての議員連盟の皆さんが都庁の方にお越しになりまして、そしてどうやってこの水素、究極のエネルギーというのは、再生エネルギーでつくった水素を活用するということでございます」

 「蓄電などいろいろな技術や運搬をどうするのかとか、課題は大きいのですけれども、しかしながら、大きな観点から見ていくと、こうやって水素の活用というのも大きいテーマであります。選手村、それから都営の都バスなども燃料電池、水素を活用したものを走らせるといったことも、次の時代のエネルギーとしての発信を東京大会で行うということになろうかと思います。そのことがすなわち、五輪のレガシーになっていくという方向性が望ましいのではないかと思います」

 「それから、都が既に行っておりますキャップ&トレードの、ここからの排出量を活用しまして、開会式と閉会式が、掛ける五輪とパラリンピックで2になりますので、4回ある。その間の、そのときの運営については、このキャップ&トレードのオフセットで、そしてCO2ゼロの4デイズ、4日間ということに資する点については、既にお伝えをしたところであります。その残りの日に、大会が行われる最中につきましても、さまざまな工夫をしていくことが、それがすなわち、また発信につながっていくということだと思います」

続きを読む

このニュースの写真

  • 西日本豪雨被災地を支援 「こういったときにこそ液体ミルクが活躍する」

「ニュース」のランキング