産経ニュース

【小池知事定例会見録】西日本豪雨被災地を支援 「こういったときにこそ液体ミルクが活躍する」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
西日本豪雨被災地を支援 「こういったときにこそ液体ミルクが活躍する」

定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=13日、都庁 定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=13日、都庁

 --先週の定例会見で知事が仰った、国産木材を使った、生け垣のような木製の壁などで(ブロック塀の代わりに)活用してはどうかとのアイデアについて、その後の検討状況は

 「これは担当の部署に、木材を使ったときにはどういうことが考えられるのかなど、今、発注しているところでございます。ちなみに、今回の各地の表層崩壊とか深層崩壊、中山間地帯など、なかなか手が入りにくいような地域は日本中、山ほどありますよね。やはり治山治水は全ての要諦だと思いますけれども、このことを考えますと、木材を使った塀に替える、ブロック塀の今チェックもさらに綿密にしていくようになりますけれども、ここでこの木材での需要をつくることで、これまであまり動かなかった経済性からかけ離れて、なかなかもうからないということで放置されていた、山が動くのではないだろうかという考え方の下で進めていきたいと思います」

 「ちなみに、森林の林齢構成というのがあるのですけれど、林の年齢です。その構成で、41年、41歳以上の木が約9割を占めているというのが、東京の山の現状であります。要は、戦後どんどん植えられた木が、今9割だということでありまして、これらは木の種類を変えることによって、花粉症の問題とか、いろいろな課題、社会的な課題にもつながってくる。よって、そのことを考えれば、ブロック塀から木に替えるというのは、とても深い意味につながっていくのではないだろうかと思っております」

続きを読む

このニュースの写真

  • 西日本豪雨被災地を支援 「こういったときにこそ液体ミルクが活躍する」

「ニュース」のランキング