産経ニュース

【政界徒然草】藤波孝生元官房長官の手紙全文公開「国は病んではいけません」「つくづくと生きた政治のこわさ思う」 リクルート裁判の心境つづる

ニュース 政治

記事詳細

更新

【政界徒然草】
藤波孝生元官房長官の手紙全文公開「国は病んではいけません」「つくづくと生きた政治のこわさ思う」 リクルート裁判の心境つづる

平成9年10月、藤波孝生元官房長官が知人に出した手紙。リクルート事件の裁判の心境などをつづっている(一部画像を処理しています) 平成9年10月、藤波孝生元官房長官が知人に出した手紙。リクルート事件の裁判の心境などをつづっている(一部画像を処理しています)

 尚、中村喜四郎君の有罪判決以後、私の名前も出て、議員辞職勧告の動きなどがありますが、「一審無罪」が大きな意味をもっていますので、一切御心配下さらぬようお願いいたします。

 議員会館に配られてきた雑誌を何気なく見ておりましたら、私のことを取り上げてくれている一文がありましたので、コピーして同封いたしました。昔のアルバムを見るようななつかしさでいっぱいです。お茶でも喫みながら御笑覧下さい。

 選挙区では11月17日(月)に伊勢志摩ロイヤルであしたの会主催のゴルフコンペ、12月7日(日)に恒例のざくろ会を開きます。御予定下さい。

 10月10日に東京・新宿に完成した新国立劇場のこけらおとしがありました。ノーベル賞の川端康成さんが佐藤首相に陳情してから30年目。800オク円をかけた立派な劇場です。アメリカのカーネギーホールとか、フランスのルーブル美術館とか、詳しくはわかりませんが、一国を代表するに足る建物が出来たと思っております。ずっと文教に関係してきましたので、感慨無量です。日本の国がかつて大きく発展した時に建てられたものという解説で将来紹介されることになるような気がいたします。

続きを読む

このニュースの写真

  • 藤波孝生元官房長官の手紙全文公開「国は病んではいけません」「つくづくと生きた政治のこわさ思う」 リクルート裁判の心境つづる
  • 藤波孝生元官房長官の手紙全文公開「国は病んではいけません」「つくづくと生きた政治のこわさ思う」 リクルート裁判の心境つづる
  • 藤波孝生元官房長官の手紙全文公開「国は病んではいけません」「つくづくと生きた政治のこわさ思う」 リクルート裁判の心境つづる

「ニュース」のランキング