産経ニュース

宇宙ごみ補償の法整備を提言へ 自民WT、20年目指す

ニュース 政治

記事詳細

更新


宇宙ごみ補償の法整備を提言へ 自民WT、20年目指す

 自民党のスペースデブリ(宇宙ごみ)法制に関するワーキングチーム(WT、小泉進次郎座長)は12日の党会合で、人工衛星が軌道上で宇宙ごみと衝突した際の政府補償制度の整備に向け、平成32年を目標に法整備を求める提言案を公表した。提言案では、宇宙ごみの除去技術を確立すれば産業育成や国際貢献に役立つとして、関係省庁や官民一体での取り組みも促した。

「ニュース」のランキング