産経ニュース

地域交通衰退に危機感、知事ネットが対策議論

ニュース 政治

記事詳細

更新


地域交通衰退に危機感、知事ネットが対策議論

地域交通の確保に向け、連携の重要性について語る三村申吾青森県知事(中央)=11日、青森市(福田徳行撮影) 地域交通の確保に向け、連携の重要性について語る三村申吾青森県知事(中央)=11日、青森市(福田徳行撮影)

 人口減少問題に連携して取り組む知事でつくる「自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク」は11日、青森市で会合を開き、利用者が減って経営が厳しいバスや鉄道など地域の交通網をどのように維持するかについて議論した。青森県の三村申吾知事は「廃止や減便をすれば(不便になって)さらに利用者が減る」と危機感を示した。

 会議では、福井県の西川一誠知事が、私鉄間の相互乗り入れを実施したところ利便性が向上し、利用者が大幅に増加したとの事例を紹介。滋賀県の三日月大造知事は「バスや鉄道間、JRと私鉄間でICカードの共通化を進めることが重要だ」と訴えた。

 意見交換後、高齢者の通院や買い物に必要な地方交通を維持するため、国の財政支援が必要だなどとする提言を大筋で了承し、近く政府に提出することを決めた。

「ニュース」のランキング