産経ニュース

【自民党総裁選】相次ぐ派閥研修会 岸田派の対応が焦点、二階派はソウルへ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党総裁選】
相次ぐ派閥研修会 岸田派の対応が焦点、二階派はソウルへ

 一方、安倍首相を支える主要3派で、とりわけ注目されるのが、31日~8月2日にソウルで研修会を開く二階派(志帥会、44人)だ。韓国で最新の北朝鮮情勢を学ぶことを目的としており、韓国高官との意見交換も調整。派として首相の連続3選を支持する考えを正式に表明する意向だ。

 党内最大の細田派(清和政策研究会、94人)は8月5、6両日に長野県軽井沢町で開く。首相の出身派閥として、研修会を連続3選への弾みとしたい考えだ。

 第2派閥の麻生派(志公会、59人)は、横浜市で今月26、27両日に開く研修会で、政策づくりを進める。会長の麻生太郎副総理兼財務相は首相の支持を鮮明にしており、研修会でまとめた政策は総裁選で支持する候補に提言する。

 石原派(近未来政治研究会、12人)は今月24、25両日に長野県大町市で開く。

(今仲信博)

このニュースの写真

  • 相次ぐ派閥研修会 岸田派の対応が焦点、二階派はソウルへ
  • 相次ぐ派閥研修会 岸田派の対応が焦点、二階派はソウルへ

「ニュース」のランキング