PR

ニュース 政治

安倍晋三首相「事態は極めて深刻、全力で被災者救助を」 大雨被害で政府が閣僚会議

大雨に関する関係閣僚会議に臨む安倍晋三首相=7日午前、首相官邸(鴨川一也撮影)
Messenger

前のニュース

 西日本を中心に記録的な大雨が続き、土砂災害など被害が拡大していることを受け、政府は7日午前、首相官邸で関係閣僚会議を開いた。安倍晋三首相は「事態は極めて深刻な状況だ。人命第一の方針のもと、被災者の救命救助に全力を尽くしてほしい」と述べ、被災自治体と連携して住民の避難や被災者の生活支援、ライフラインの復旧などに取り組むよう指示した。

 会議には小此木八郎防災担当相や菅義偉官房長官らが出席。首相は「先手先手で被害の拡大防止に万全を期してほしい」と述べた。

 また、政府は7日午前、首相官邸の危機管理センターに設置した官邸連絡室を官邸対策室に格上げした。情報収集や初動対応にあたる。京都府などの災害派遣要請を受け、自衛隊の部隊も派遣している。

 首相は7、8両日に宮崎、鹿児島両県への出張を予定していたが、危機管理対応を優先して中止した。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ