PR

ニュース 政治

野党の首相外遊批判 菅義偉官房長官「他国より国会に縛られる時間多い」

定例会見に臨む菅義偉官房長官=6日午後、首相官邸(春名中撮影)
Messenger

 菅義偉官房長官は6日の記者会見で、立憲民主党など野党が安倍晋三首相の11日からの欧州・中東訪問や河野太郎外相のマレーシア訪問に反対していることに関し、「他の国と比較してわが国は(閣僚が)圧倒的に国会で縛られる時間が多いことも事実ではないか」と指摘した。

 菅氏は「政府としては地球儀を俯瞰する外交を積極的に展開し、各国との関係強化を図ることが重要だ」と説明。首相の欧州訪問では日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の署名式なども予定されており、「わが国の外交政策上、極めて重要な意義を持つものだ」と指摘した。

 首相の海外出張について、野党は「(首相が予算委員会の)集中審議をしたくないために国会をサボるのか」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)などと批判している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ