PR

ニュース 政治

小泉進次郎氏、政策ごとに相次ぎグループ結成 一定の影響力も手腕は未知数

Messenger

 いずれも小泉氏が各政策を構想してメンバーと具体案を練り上げ、自身の知名度を生かして成果物をアピールするのが特徴だ。

 ただ、地方議員の年金復活は、強く求める党幹部もいる。小泉氏の狙い通りにいくかどうかは見通せていない。政策の決定権を持つ党幹部への根回しが足りないとの指摘も出ている。

 6月には、こんな出来事もあった。小泉氏が参院定数を6増する参院自民党の公職選挙法改正案について、複数の党幹部との懇談の場で「日本の人口が減る中で定数を増やすのはどう考えてもおかしい」と猛批判したのだ。行政改革を進めるべき国会議員が、自身に甘い改革案を進めるのはおかしいという理由だ。

 耳を傾けていた党幹部は、小泉氏をこう諭した。

 「それではハウス(院)を変え6年間参院議員をやり、考えを実現したらどうか」 (奥原慎平)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ