PR

ニュース 政治

自民・谷垣禎一氏の活動再開へ下準備? 谷垣グループがバリアフリーの新事務所開設へ

2017年に衆院選京都5区の選挙ポスターに登場した、スーツ姿で車椅子に乗った谷垣禎一氏
2017年に衆院選京都5区の選挙ポスターに登場した、スーツ姿で車椅子に乗った谷垣禎一氏
その他の写真を見る(1/2枚)

 自民党の谷垣禎一前幹事長が顧問を務める谷垣グループ(有隣会、約20人)が、近く東京・平河町に新しい事務所を開設することが3日、分かった。車いすで出入りできるバリアフリー仕様となっており、グループ幹部は「今後、谷垣氏が永田町に通う際の活動拠点にしたい」と語る。

 関係者によると、新事務所は国会近くの賃貸ビルに入る予定で、既に契約を済ませた。グループの例会を開くスペースも確保しており、内装工事を進めている。22日の今国会閉会前に、新事務所でグループの会合を開く予定だ。

 谷垣氏は平成28年の自転車事故で頸髄を損傷し、29年の衆院選は出馬を見送った。グループ顧問は継続し、現在は自宅で療養している。安倍晋三首相(党総裁)と良好な関係を築き、党内でもなお影響力が強いだけに、グループ幹部は「車いすだが不自由なく会話もできる。週1回でも永田町に来て活動してほしい」と期待している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ