PR

ニュース 政治

【単刀直言】林芳正文部科学相、自民党総裁選「岸田会長出馬で切磋琢磨を」「政策論争、国民に訴える機会」

政策掲げ戦う伝統

 総裁選に出るからといって別に相手候補とけんかするわけではありません。試合をすると思えばいい。ナショナルチームで一緒に戦った同士が、国内では別のチームのメンバーとして試合をすることはある。互いに切磋琢磨しながら成長していくということです。

 例えば、(地元の)山口県でも中選挙区時代、岸信介元首相と佐藤栄作元首相が兄弟で、同じ選挙区で激しく争っていた。私も最初の選挙のとき、一緒に回った支援者から「この橋を越えると岸(陣営)になります」「この道路から先は佐藤です」と教えてもらいました。その流れが永田町でも現在の各派閥の原型になっています。政治的に政策を掲げて戦うことは自民党の伝統でもあるんです。

 ただ、政治の世界は「一寸先は闇」といわれます。全てのことを考慮した上で最終的には岸田会長が判断される。岸田会長がこうと決めたら一生懸命支える。これに尽きますよ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ