PR

ニュース 政治

PAC3など北朝鮮ミサイル警戒態勢を解除 河野統幕長が示唆

約4年ぶりに公開されたPAC3の機動展開訓練 =2017年6月、埼玉県朝霞市の陸上自衛隊朝霞駐屯地 (酒巻俊介撮影)
Messenger

 自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は28日の記者会見で、北朝鮮による弾道ミサイル発射の可能性が低下したことを受け、展開中の航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を撤収させる可能性を示唆した。

 河野氏は「米朝が非核化に向けて交渉しているので、それをひっくり返すようなミサイル発射は考えにくい」と指摘。PAC3撤収について具体的な方針は決まっていないとした上で「今後の情勢を踏まえて適切な態勢を取る」とした。

 防衛省は北朝鮮のミサイル発射に備え、平成28年8月から自衛隊法に基づく破壊措置命令を常時発令し、東京・市谷の防衛省内などにPAC3を配備。昨年8月には中四国4県の陸上自衛隊駐屯地にも展開させた。海上自衛隊のイージス艦も日本海などに派遣し、24時間態勢で警戒・監視に当たっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ