PR

ニュース 政治

「法律に基づいてやった」 細野豪志元環境相5000万円借り入れ問題で記者団との主なやりとり

証券会社から5千万円の提供を受けた問題で、記者の質問に答える細野豪志元環境相=28日午後、国会
Messenger

 無所属の細野豪志元環境相が昨年10月の衆院選の期間中に証券会社から5千万円を借り入れていた問題をめぐり、細野氏と記者団が28日に国会内で交わした主なやりとりは以下の通り。

 --5千万円を借りた目的。選挙中というタイミングについて

 「当時、私は希望の党を設立して、どう運営していくかということについてさまざま考えないといけない立場だった。政党助成金が4月まで入ってこない。その中で党をどうするか。さらには政党助成金が入ってこないとなると、それぞれの議員にお金が入ってこないということになるので、そのことについて何らか考えておかないといけないという意識があった。そして、これは誰にも相談していない。個人の判断として、何らかの可能性に備えて、政治資金として使う可能性があるということについて準備をしようということで5千万円の借り上げをした」

 「日程については私の中で認識の違いがあって、選挙後にお借りしたと、選挙後の資金ですから、そういう思いでいたので、去年の10月22日の時点での収支報告書には記載する必要のないものとして記載しなかったが、途中そのことに気がついたので、これは訂正しないといけないということで、4月には5千万円ということで、その時点では、5月22日に借り入れがあるということについては公表させていただいたので、訂正したと」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ