PR

ニュース 政治

【党首討論詳報】(4)国民民主・大塚耕平共同代表は「モリ・カケ」封印し財政再建策など追及「アベノミクスは寄与しなかったのでは」

Messenger

 「総理、あの、3月にですね、予算委員会で私は総理の5年間で日本人の皆さんの労働生産性が9%上がったけれども、賃金は2%しか上がっていないという数字をお示ししたと思います。その上で申し上げますが、アメリカで移民の政治経済学の権威と言われているハーバード大学のジョージ・ボージャス教授という方の研究、あるいは2015年に出たイングランド銀行のレポートによると、アメリカやイギリスでは外国人労働者の増加が国内労働者の賃金の低下をもたらしたという分析結果があるんです」

 「安倍政権の5年間で、統計上60万人以上の外国人労働者が増え、実際にはもっと増えていると思いますが。そして、さっき申し上げたように賃金が労働生産性に追いつかないというのは、ひょっとしたらそういうことも影響しているかもしれない。こういうこともよく分析する必要があると思うんです。その上で、どうもここ数年間、特に大変恐縮ですが、安倍政権のもとでは、賃金が抑制されて外国人労働者に依存するという、こういう傾向が続いていると思います」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ