PR

ニュース 政治

【党首討論詳報】(4)国民民主・大塚耕平共同代表は「モリ・カケ」封印し財政再建策など追及「アベノミクスは寄与しなかったのでは」

党首討論に臨む国民民主党・大塚耕平共同代表=27日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
Messenger

前のニュース

 安倍首相「確かにですね今、委員がご指摘になったようにわれわれは今回、在留資格についてですね、就労を目的とした新たな在留資格を創設をいたしました。これはあの、大塚委員からも、今までもご指摘をいただいたようにですね、今まで技能実習制度という形で受け入れてきたのでありますが、果たして本当に技能実習制度なのかという指摘もございましたし、さまざまな問題が起こっていたのも事実でございます。でありますから、私たちはしっかりと正面からですね、今回はこの就労を目的とした新たな在留資格を創設をさせていただいた」

 「もちろん相当な議論がありました。自民党は保守党でありますから、こういうことに対しましては極めて慎重な議論があった。そこで、しかし、実際に人手不足が生じている中において、人手不足が生じているわけでありますから、そこで働いてる人たちのですね、いわば職業の確保には影響がない。と同時にですね、当然ですね、この賃金にも影響がないようにしなければなりませんから、そこで働いてる人たちの平均賃金を下回るものはだめだということにしていきます。そして、もちろん審議をですね、どう行っていくかということは、これは今までも申し上げていることで恐縮なんですが、国会でですねしっかりと審議をしていただき、結論を出していただきたいとわれわれは思っております」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ