産経ニュース

【単刀直言】国民民主・前原誠司元外相 標榜すべきは「リベラル右派」 いつかは首相になりたい

ニュース 政治

記事詳細

更新

【単刀直言】
国民民主・前原誠司元外相 標榜すべきは「リベラル右派」 いつかは首相になりたい

インタビューを受ける国民民主党の前原誠司衆院議員=20日午後、東京都千代田区(納冨康撮影) インタビューを受ける国民民主党の前原誠司衆院議員=20日午後、東京都千代田区(納冨康撮影)

 もちろん、選挙などでの協力は大事です。来年夏の参院選は、改選1、2人区は野党共闘、3人区以上と比例代表は切磋琢磨(せっさたくま)するというやり方で、与党を過半数割れに追い込むことは夢物語ではありません。

 将来的に、国民民主党と立憲民主党が連立政権を組む可能性は十分にあると思います。枝野さんとは長い付き合いなのでよく分かります。彼は官房長官や経済産業相を経験し、リアリズムの考え方を持っている。連立を組むことになっても何の心配もありません。

 (9月に予定される)国民民主党代表選に出るつもりがあるかって? 全くノー・アイデアです。ただ、いつかは首相になりたいと思っていますよ。日本のリーダーとしてオール・フォー・オールの社会を実現する。そして国益を守り、平和を維持していく-。それが政治家としての目標ですから。その思いは全く変わっていません。(広池慶一)

このニュースの写真

  • 国民民主・前原誠司元外相 標榜すべきは「リベラル右派」 いつかは首相になりたい
  • 国民民主・前原誠司元外相 標榜すべきは「リベラル右派」 いつかは首相になりたい

「ニュース」のランキング