PR

ニュース 政治

27日に今国会2度目の党首討論 安倍晋三首相、25日の参院予算委をはじめ3日連続で国会出席へ 

答弁を行う安倍晋三首相=25日午後、国会・参院第一委員会室(春名中撮影)
Messenger

 与野党は25日、安倍晋三首相と野党党首による今国会2度目の党首討論を27日午後に開くことを決めた。25日は国会会期が7月22日まで延長されて初の本格論戦となる参院予算委員会の集中審議が行われ、首相が出席した。首相は26日も参院の厚生労働委員会と内閣委員会の質疑に臨み、3日連続で国会に出席する。

 首相は25日の参院予算委で、学校法人「加計学園」問題に関し、愛媛県の文書に記載された平成27年2月の加計孝太郎理事長との面会を改めて否定した。国民民主党は加計氏の証人喚問を求めたが、首相は「国会で自主的に決めること」と述べるにとどめた。

 河村建夫衆院予算委員長(自民)が20日夜の会合で、首相が「(予算委員会の)集中審議は勘弁してくれ」と発言したと記者団に説明し、その後撤回した。首相は25日の質疑で「そのような発言をした事実はない。審議に誠実に対応するのは当然だ」と説明した。

 また、自民党の穴見陽一衆院議員が衆院厚労委で、参考人として発言しているがん患者にやじを飛ばした問題については「大変残念な発言だ。がん患者の気持ちに寄り添って対応しなければならない」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ