PR

ニュース 政治

【平成30年史】藤波元官房長官「首相経験者を逮捕する国にしたくない」 元秘書に語る 中曽根元首相をかばった?

平成9年3月24日、控訴審判決のため東京高裁に入廷する藤波孝生元官房長官
Messenger

 リクルート事件の裁判をめぐっては、藤波孝生元官房長官が仕えた中曽根康弘元首相の関係者もリクルートコスモス社の未公開株を取得していたことから「藤波氏は中曽根氏をかばい、スケープゴートにされた」との見方もある。

 藤波氏の秘書だった松木謙公元衆院議員によると、藤波氏は平成11年の有罪確定後にこう語ったという。

 「中曽根政権のときの問題は官房長官だった自分が責任を取ることが大事だ。田中角栄さんが捕まった、今度は中曽根さんが捕まったとなれば、日本の首相は終わった後、逮捕されるといわれてしまう。そんな国にしたくないだろう」

 松木氏が「辛(つら)いです。ご自分だけが悪者にされますよ。こんなことでいいんですか」と返すと、藤波氏は一言、「申し訳ない…」と述べ、心配をかけたことをわびたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ