産経ニュース

【平成30年史 政界再編(5)】野党の枠組みに与さぬ異端の存在…共産党 綱領改定で現実政治に接近

ニュース 政治

記事詳細

更新

【平成30年史 政界再編(5)】
野党の枠組みに与さぬ異端の存在…共産党 綱領改定で現実政治に接近

護憲派の集会でアピールする共産党の志位和夫委員長(右から2人目)。左端は立憲民主党の枝野幸男代表=5月3日、東京都江東区(飯田英男撮影) 護憲派の集会でアピールする共産党の志位和夫委員長(右から2人目)。左端は立憲民主党の枝野幸男代表=5月3日、東京都江東区(飯田英男撮影)

 「安保法制反対の闘争は『共産党を除く』(という)壁を全国的な規模で一挙に打ち砕きました。こうして生まれた市民と野党の共闘は、まさに戦後政治の歴史を画する壮挙だと言わなければなりません」

 ■ ■ ■ 

 平成28年夏の参院選で共産党は国政選挙で初めて他党の候補を全国的に推薦した。国対委員長を20年以上務める穀田恵二は「私たち自身も変わらなければと思ってやった。従来では考えられない方向転換だった。うちは常に除かれる方で…」と感慨深そうに振り返る。

 不破も山梨で共産党公認ではない野党統一候補の応援のため街頭演説に立った。32の1人区全てで実現した野党統一候補は自民党公認候補の当選を21にとどめた。共産党が擁立した統一候補は香川のみで敗れはしたが、25年の参院選で自民党が31の1人区(当時)で29勝したことと比べれば野党の大健闘だった。

 勢いをそのままに29年1月の第27回共産党大会には、自由党代表の小沢一郎ら初めて他の野党幹部が勢ぞろいした。かつて自民党幹事長を務めた小沢の登場に歓喜する古参党員もいた。「時代は変わった」と。

 しかし、旧民進党幹事長として共産党と安保法制で共闘し、現在は野党第一党の代表を務める枝野は一貫して「共産党と連立政権をともにすることはない」と強調する。共産党には、30年たっても変わらない大きな壁が依然立ちはだかっている。

 ■ ■ ■

続きを読む

このニュースの写真

  • 野党の枠組みに与さぬ異端の存在…共産党 綱領改定で現実政治に接近

「ニュース」のランキング