PR

ニュース 政治

活動家はどこへ消えた? 北部訓練場返還から1年半 「ヘリうるさいが、静寂戻った」

移設反対派が集まったかつての光景とは様変わりした、米軍北部訓練場の「N1ゲート」前=14日午後、沖縄県東村高江(杉本康士撮影)
Messenger

 沖縄県の米海兵隊北部訓練場(東村、国頭村)の半分以上の面積が返還されてから22日で1年半となる。昭和47年に沖縄県が本土復帰して以降最大規模の返還だ。弾薬除去や土壌除染を行った上で地権者に正式返還されてから間もなく半年。かつて現場周辺に集まった活動家の姿はほとんどなく、かつての喧噪(けんそう)は嘘のようだった。

 返還されたのは北部訓練場の7543ヘクタールのうち4010ヘクタール。政府は沖縄の負担軽減の目玉と位置づけている。今年2月には絶滅危惧種のヤンバルホオヒゲコウモリが見つかり、7月に訓練場跡地を国立公園に編入する方針だ。世界自然遺産の候補地にもなっている。

 「変わったことはないですか? 何かあったら教えてください」

 返還条件として新たに設置されたヘリパッドに近い東村高江地区の仲嶺久美子区長(68)の携帯電話には折に触れて菅義偉官房長官から連絡がある。集落上空は午後11時近くまで垂直離着陸機オスプレイが飛行することもある。東村議会は20日、集落近くのN4地区にあるヘリパッド2カ所の撤去を求める決議を可決した。

 日米軍事筋によると、N4地区は兵舎地区の近くにあり、利用価値が高い。防衛省も米軍側に使用頻度を減らすよう求めているが、高江地区の住民は「状況は改善されていない」と口をそろえる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ