産経ニュース

イージス・アショア配備で防衛政策「ちぐはぐ」、秋田県知事が「不愉快」

ニュース 政治

記事詳細

更新


イージス・アショア配備で防衛政策「ちぐはぐ」、秋田県知事が「不愉快」

イージス・アショア配備の候補地に挙がっている陸上自衛隊新屋演習場(藤沢志穂子撮影) イージス・アショア配備の候補地に挙がっている陸上自衛隊新屋演習場(藤沢志穂子撮影)

 秋田県の佐竹敬久知事は21日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備に関連した政府の防衛政策を、「ちぐはぐでデリカシーがない。強引で不愉快だ」などと批判した。県庁内で記者団の質問に答えた。

 防衛省は21日、配備に向けた地質調査の入札を公告し、県側に伝えた。また政府は同日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を想定して平成30年度に各地で予定していた住民避難訓練を中止する方針を固めた。

 秋田市への配備に対しては住民の反対が根強い。17日に秋田市役所で開かれた防衛省による住民説明会では、「住民の理解が得られていないのに、設置ありきで話が進んでいる」「テロの標的になりかねない」といった批判や不安の声があがった。

 一方、男鹿半島沖には、北朝鮮が発射したミサイルがたびたび落下しており、昨年3月には男鹿市で発射を想定した初の住民避難訓練が行われた。

 佐竹知事は「訓練を中止するとは猶予があるということ。ならば(イージス配備の)適地選定を慎重に選ぶ時間はあるということではないか」と、秋田市への配備に疑問を呈した。

 小野寺五典防衛相は22日、県庁を訪れ、配備について佐竹知事や穂積志・秋田市長に説明する予定。佐竹知事は「『説明を重ねる』としながら前日になぜこうした情報が出るのか。やっていることは裏腹だ」と不信感を露わにした。

このニュースの写真

  • イージス・アショア配備で防衛政策「ちぐはぐ」、秋田県知事が「不愉快」

「ニュース」のランキング