PR

ニュース 政治

矢板市のミサイル避難訓練中止 栃木、日朝会談影響懸念か

Messenger

 栃木県矢板市は21日、北朝鮮からのミサイルの飛来を想定して、26日に国などと行う予定だった住民避難訓練が中止になったと明らかにした。

 市によると、20日、政府から県を通じ「米朝首脳会談を受けた国際情勢を踏まえた判断」として、中止の連絡があった。政府が検討している日朝首脳会談への影響を懸念した可能性がある。

 避難訓練は、県や内閣官房、総務省消防庁との合同開催で、市民約500人が参加。全国瞬時警報システム(Jアラート)からの警報を受け、小学校や市立体育館に避難する訓練を行う予定だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ