PR

ニュース 政治

【加計学園問題】理事長会見で政府、幕引き期待

会見する加計学園の加計孝太郎理事長=19日午前、岡山市(山田哲司撮影)
Messenger

 学校法人「加計学園」の加計孝太郎理事長が19日に記者会見を開き、獣医学部新設をめぐる県の内部文書に記されていた平成27年2月の安倍晋三首相との面会を否定した。政府は会見を機に加計問題が幕引きになることを期待する。

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で「面会については首相自身が当初から国会で述べていた通りではないか」と述べた。「決着か」という問いに菅氏は明言を避けたが、政府・与党は今月10日の新潟県知事選で与党系候補が野党系候補との事実上の一騎打ちに勝利したことや、報道各社による世論調査で安倍晋三内閣の支持率が回復傾向にあることなどから、自信を深めている。

 野党が求める加計氏の国会招致に関し、自民党の森山裕国対委員長は記者会見で「国家戦略特区との関係は今まで審議を尽くしてきている」と述べ、必要ないとの認識を改めて示した。

 自民党の石破茂元幹事長は国会内で記者団に「これまで全く出てこなかった人が思いを語ったという意味では一歩前進だ」と一定の評価をした。同時に「加計問題では、納得できない有権者が7割くらいいる。有権者が『納得できた』と言えるかどうかで判断するしかない」と述べ、安倍首相らを牽制(けんせい)した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ